2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« Valentino Rossi. vs MOTOBOT | トップページ | 今週末も乗れず...かも...(/_;) »

2017年10月29日 (日)

2018年ZX-14R H.G.と除電カスタムファイナル

14Rの車検は昨日仕上がり予定でしたが、何かと
お忙しいカワプラさんですし、2週連続の雨の週末で
どうせ乗れないと思い「ゆっくりで構いませんよ」と
お伝えし、11/3仕上がりとする事にしました。



そんな訳で週末跨ぎとなった車検ですが、「カウルを
分解しているかも?」と思い、もしそうならこのタイミング
を有効に使わせて頂こうカワプラさんに連絡。
承諾を頂いたので車でカワプラさんに。


到着。2018年ZX-14R H.G.が展示されていました!
インターネット上の写真では「黒」に見えてましたが、
実はダークグレーでラメも入ってました。
02

04

06


物販ブース?の取り扱いも増え、ライディングウェアや
グローブ、バック等も販売されてました!
08


流石に雨の週末でお客さんも殆どいませんでした。
が、ピットはいつもの様にお忙しそうでした。そんな
ピットの片隅にスペースを作って頂き(<(__)>)作業
(除電カスタム)開始です。

「折角なので」と数日前に「ポチッとな!」した、一部
で噂になってるこちらと除電テープと一緒に持参。
30

カウルを裏返しにして、高濃度アルコールティッシュで
汚れと油分を拭き取り、皺や気泡に気をつけて貼付。
それなりに上手に貼れた感じです(^^)。
34
適当なスペースに除電テープも貼り貼り。
36

反対側のカウルも。
38

バイク本体にも少々貼り増!
40


と言う感じで除電カスタムをしてきた訳ですが、恐らく
これ以上は貼らないと思いますので除電カスタムも
今回で終了です。

シート交換、除電テープ増し増しは走りにどう影響
するのか、早く試してみたい(走ってみたい)所です!


2018年のZX-14Rも展示されてますし、11/1からは
Z900RS(2カラー)も展示されますので、お時間のある
方は是非カワプラさんへ!(^_-)-☆!

なお、Z900RSは「展示が落ち着いたら試乗車両にする
予定」と仰ってましたので、それも楽しみです!(^-^)
 

« Valentino Rossi. vs MOTOBOT | トップページ | 今週末も乗れず...かも...(/_;) »

メンテ&カスタム」カテゴリの記事

コメント

こんばんは TOMOです。

Z900RSは反響大きいみたいですね。

カウルが無いのでツーリングメインで使っている
自分は食指がイマイチ動きませんが
恐らく見た目とは裏腹の走り味なんだろうなと
想像しています。

昔のゼファー750、ZRX1100あたりのように。

カウルのアルミテープですが、
私が試した感じだと空気の流れが変わるのか?
エンジンの熱気がひざや足回りによりやってくる
感じがしたので止めました。

スクリーンは貼ったり剥がしたりして試したところ
風切り音が変わるので貼ったままです。

トヨタが公開している特許資料に効果的な張り方が
沢山出ていますよ。

◆TOMOさん、コメントありがとうございます。

今、ネオクラシックブームですし、「Z」ファンの方も多いでしょうから、
注目されてますね!(私の廻りの「Z」ファンの方は意見が分かれて
ますが...)。

私もロングツーリングが多いですし、小雨も多いので...r(^^;)、
スクリーンがあるバイクの方が好みです!

一応こちら http://iico10.com/car-32
を参考に貼ってみたのですが、
某SANSでが「スクリーンは効果があり」、「アンダーカウルは接地感が
無くなるのでお勧めしない」などのアドバイスを頂きました。

私は自他共に認める超鈍感なのですが、TOMOさんた皆さんのアドバイス
を参考に、「下」の方には極力貼らず、「上」(スクリーン)に貼ってみようと
思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年ZX-14R H.G.と除電カスタムファイナル:

« Valentino Rossi. vs MOTOBOT | トップページ | 今週末も乗れず...かも...(/_;) »