2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 衝動買い・下見・パーツ回収 | トップページ | 「VMAX」も生産終了ですか.... »

2017年2月19日 (日)

『転んでもただでは起きない』第5段について

今回は、2/9以降「チョイ見せ」状態のままになっている...<(__;)>
『転んでもただでは起きない』シリーズ第5段のお話です。
02


...と言ってもまだ「仮ネタ」としてしか掲載出来ませんが
(理由は後述)...<(__;)>。


結論から書きますと『転んでもただでは起きない』第5弾は
こちらです。
 
----- メーカーHPより ------
プラズマブースターは、イグニッションコイルに接続
することで2次電流値を約2倍にまで増大させ、通常1回
だけのスパークを3回以上発生(マルチスパーク)させる
ことで、燃焼効率を向上させる点火チューニングパーツ
です。

特にこのマルチスパークは100万分の1秒という単位で
発生させるため、高回転域に至るまでマルチスパーク
を持続させることが可能です。
フルチューンエンジンでも充分に追従できるスペック
を確保しています。街乗りから競技まで様々なドライ
ビングシーンで効果を発揮することができます。
-----------------------


...と言う代物です。パワーアップも期待できる様です。


取付け場所は(取説・HPによると)こちらになります。
06

また、接続するケーブルはこう指示されてます。
08





【※ご注意※】
ここからは私が個人的に調べた事ですのでメーカーへの
問い合わせ等は行わないで下さい。また、調べた結果を
素直に掲載しておりますが、効果や結果について責任を
負いかねますので「自己責任」でお願い致します<(__)>。
(「Do It Yourself at your own risk!」<(__)>)。


14Rの場合、具体的には...

 ・左側カウルを外す。
 ・1番プラグと2番プラグの間にある『集中カプラ』の
  「-」線に1本づつ挟み込む。

...が標準的な取付け方法となるようです。


しか~し!私の14Rにはその場所には「T-REVα」が装着
されていて「大混雑状態」。既にメグロさん(Iさん)からも
「プラグ交換も一苦労状態です」と言われています。
10


ここに無理矢理装着するには、タンクを外す事が必要で
更に、今後プラグ交換(や「T-REVα」の定期メンテ)の際
に邪魔になること必須なので、他に取付けられる場所
は無いかとインターネットで情報収集しました。
結果、残念ながら「スバリ!」情報は見つからず...(T_T)。


海外サイトまで手を広げ、サービスマニュアルと睨めっこ
した結果「ECU出口(メインハーネス)に装着(割り込み)
出来るかも?」と言う事になりました。
12

水色の四角□部分が、多分先述の『集中カプラ』だと思われ
その先はECUに(分岐せず)直結されている様に見えます。



14



更に調査を進めるとメインハーネスの「ピンアサイン」も
判明し、どのピン(ケーブル)に割り込めば良いかの目処
が立ち、実際に装着してみました。


装着の結果、無事全てのLEDが点灯し「上手く行った?」
と言う状態になりました(最初の写真)...(-o-;) フーッ。

念の為メーカーに電話をして「アドバイス」を頂いたところ...


『LED点灯は「極性が間違っていない」事は
判断出来るが
「正しく動作しているか」は分からない』


...
という見解を頂きました...(´ヘ`;)ウーム…。
併せて「体感以外で動作確認する方法」もいくつか教えて
頂きました<(__)>アリガトウゴザイマス。

...が、この時既に14Rをサスのオーバーホールに出した後
だったので確認出来ず(時既に遅し)...(+。+)アチャー。



...と言う事で今回は「仮ネタ」として書かせて頂きました<(__)>。

14Rが戻って来て『動作確認』が出来ましたら、詳細な取付け
方法などについて改めて書かせて頂きます<(__)>。

« 衝動買い・下見・パーツ回収 | トップページ | 「VMAX」も生産終了ですか.... »

雑感・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『転んでもただでは起きない』第5段について:

« 衝動買い・下見・パーツ回収 | トップページ | 「VMAX」も生産終了ですか.... »